menu

その他サービス

SERVICE

HOME サービス紹介一覧

MEO対策 「デジタルマネジメントツール」

その他

MEO対策 「デジタルマネジメントツール」

「地域名×目的」の検索が一般的になっている今、マップエンジンの最適化(MEO)は店舗・施設を知ってもらう上で必須の対策です。MEOの本質は奥が深く、地図検索で主に使用されているGoogleマップの対策(Google ビジネス プロフィールの整備)だけでは実は不十分です。Googleはあらゆる情報を参照しており、Google以外の検索サイトの情報との統一性を重視しています。デジタルマネジメントツールは、店名や住所、電話番号などビジネス情報を統制する、言わばネット上の不動産登記を行うツールです。

「松山市 矯正歯科」や「今治市 ランチ」など、地域名と目的をかけ合わせた検索が当たり前になり、検索結果には地図がセットで表示されるようになりました。ユーザーが検索した時に、自社店舗・施設の情報を確実に、そして正しく届けられるかどうかが、来店型ビジネスにとって大変重要になっています。地図と紐付く検索シーンにおいて存在感を高める「MEO対策」。正しいアプローチで本質的なMEO施策をご提案いたします。

MEO対策においてGoogleが重視する(と言われている)幾つかの指標のうちの一つが関連性とサイテーションです。弊社が採用しているMEO施策は、国内でいえばおよそ約30のパブリッシャーと連携するプラットフォームを用いて、クライアント様のビジネス情報の統一化を図ります。結果、検索サービスAでも検索サービスBでも情報が同一となり、検索サービスからの信頼を得て検索結果へと好影響を与えるという仕立てです。

サービスをご導入いただいた後は、年に2度状況報告レポート及びさらに検索結果をより良い数値にしていくための改善提案を行っております。ダッシュボードに関しては、クライアント様ご自身でも閲覧可能です。ダッシュボードの数値はあくまでGoogle ビジネス プロフィールのみの数値となりますが、Googleを起点に電話された件数や経路検索された件数などがデイリーで測定可能です。